リゾートバイト×日本一周

生まれも育ちも秋田県秋田市。 リゾートバイトしながら日本一周中。 経験、思ったこと、雑談など。 文章書くの苦手なんで、だいたい箇条書きで。 それでも、リゾートバイトや日本一周に興味がある人に少しでも参考になれば。

【リゾバ】先月(2018.11)のタイムシート公開

どうも。

先月のタイムシートの控えを貰ったので公開してみます。

 

こんな感じ。

 

休み無い、毎日働いてる、、って、思う人もいるかもしれませんが、ここは朝も夜も部屋食で同じ人が担当するのでたすき掛けシフトなんです。

普通であれば朝→夜で1日カウントですが、

たすき掛けシフトでは、夜→朝で1日カウントになります。

 

この写真を例にすると、わたしの11月の休みは2日、6日、14日、20日、26日、28日です。

連休があると丸一日の休みがあるんだけど、11月は連休が無かったので、朝か夜必ずどちらかは働いていて、実質毎日働いたことになります。

 

たすき掛けシフトはこの旅館で初めてだったんだけど、慣れるまでは正直きつかったです。

しかも旅館に着いて社長から説明受けるまでたすき掛けシフトのことを知りませんでした。

 

わたしはリゾートバイトの休みの日を使って47都道府県を周って遊んでいます。

いつもは休みの前の日の仕事が終わった夜に車で遠くまで出て車中泊、朝から丸一日遊んで夜中に帰ってくるという生活をしてました。

たすき掛けだと中々遠くに行けないんですよ。

お昼に仕事が終わって遠くに行くと夜に到着、何も観光できずにただ寝て次の日夕方から仕事だからまたすぐ帰らないといけない。

最初はそれが結構ストレスだったけどね、仕事を覚えて社員さん達と仲良くなって、わたしが働いてる理由(日本一周)を話していたら、シフトを作っている社員さんが気を利かせて連休をくれるようになって。

「ここ3連休にしておいたからどっか行っておいで!」とか。

そのおかげで城崎にいる間に中国地方(鳥取、島根、岡山、広島、山口)は遊びに行けました。

 

今回の職場でたすき掛けシフトは慣れました。良い意味で考えたら、休みの次の日の朝、早起きしなくて良いんですよ。普通の休みだったら旅館の場合、夜は21:00とか22:00まで働いて次の日休み、その次の朝は6:30とか7:00出勤です。休みの次の日に早起きして朝から働かないといけない。たすき掛けだと朝は働かないといけないけど、昼からゆっくり休んで次の日の朝もゆっくり寝てられる、わたしみたいに遊ぶのが目的で働いている人には合わないシフトだけど、考え方によっては最高です。

 

でもやっぱりたすき掛けなのを知らないで職場に行って、実はたすき掛けなんですって知るよりも、最初からたすき掛けだって知って行くほうが気持ち的にも楽なので、次から派遣先を決める時には担当者に絶対に確認しようと思います。

 

ま、そんな感じ。

 

わたしが登録してる派遣会社はここ↓

仲居の求人が特に多くて、時給も他より高めなので稼げます。

わたしはここで稼いで日本一周資金にしたり、友達と飲みに行ったり旅行に行ったり、最近は貯金も頑張ってます。

 

では。